腸内フローラのバランス|貧血改善を効率よく行うためにスムージーを飲みましょう

貧血改善を効率よく行うためにスムージーを飲みましょう

腸内フローラのバランス

ウエスト

人間の腸内にはたくさんの細菌がいます。これを腸内細菌といい、その中には100種類以上の細菌があるのです。中でも、回腸と言われる部分から大腸にかけては、様々な腸内細菌が生息しており、腸内には欠かせない細菌ばかりなのです。そして、その様々な細菌の種類によって腸管における腸内細菌の様相を腸内フローラと呼ばれているのです。腸内細菌には、大きく分けて3つに分類されます。一つ目に体に良い動きをする善玉菌になります。善玉菌の代表と言われるものが、乳酸菌になります。主な働きは、悪玉菌の侵入や増殖を防いだり、腸の運動を促したりすることによってお腹の調子を整えるのです。2つ目は、体に悪い働きをする悪玉菌になります。悪玉菌は、ウェルシュ菌や病原性大腸菌など腸内で有害な物質を作り出すのです。悪玉菌が腸内に増えてしまうと、便秘や下痢などお腹の調子が悪くなることがあるのです。そして3つ目の細菌が、日和見菌です。この日和見菌は腸内の善玉菌や悪玉菌の優勢な方に同調する働きがあるのです。そして、このバランスを腸内フローラと言われているのです。この腸内フローラの理想的な状態は、善玉菌が2割で悪玉菌1割の日和見菌7割がいいのされているのです。このバランスに腸内環境を保つことが一番の理想なのです。善玉菌には、有害物質を体外に排除するのを助けたり、免疫細胞を活性化させる働きがあり、とても重要なのです。この腸内フローラのバランスが崩れてしまうことで、体調が崩れたり、疲れが取れなかったりと様々な要因として体の状態を悪くしてしまうのです。この腸内フローラを整えるには、乳酸菌を摂取することです。乳酸菌には、腸内で乳酸や酢酸を作ることができ、悪玉菌の定着や増殖を防ぐことができ、お腹の不調を改善してくれるのです。もし、お腹の不調を感じた際には、乳酸菌を摂取するといいでしょう。